【経済学史WS】2015週末スク成績

kccで、週末スクーリングの成績が発表されました。

2015週末スク成績


経済学史 結果はB



現時点での取得単位は

総合  36単位(認定)
外国語 8単位(認定)

専門
テキスト 11単位
スクリーング10単位

合計 65単位

まだまだ先は長いです。



ブログランキングに参加しています。
バナーをクリックして頂けると励みになります^^。
にほんブログ村 大学生日記ブログ 通信大学生へ

【経済学史WS】2015週末スク最終日

週末スクーリング、最終日




1時間目
「社会主義とは何だったのか」
・現実の社会主義
・社会主義の問題点

2時間目
おまけの講義「大きな政府と小さな政府」

経済学史、講義全体の感想
経済学の流れを学ぶことができ
大いに収穫でした。


その後、試験(1時間)。
3問のうち1問選ぶ論述式。

とりあえず、裏面まで書きました。



ブログランキングに参加しています。
バナーをクリックして頂けると励みになります^^。
にほんブログ村 大学生日記ブログ 通信大学生へ

【経済学史WS】2015週末スク5日目

週末スクーリングも残すところあとわずか。






今日は、早めに来て学食でランチ。



講義は、マルクスに入りました。
初期マルクス入門

マルクスは、元来、哲学者(ヘーゲル左派)
後から経済学を勉強したそうです。

著作
『経済学・哲学草稿』1844年
 この時のマルクスにあるのはヒューマニズム

『ドイツ・イデオロギー』1845-46年
 一年後、唯物論に変遷 


マルクスは、ボヘミアンで、
その日が楽しければよいという人だったという話は
意外でした。



明日は講義「社会主義とは何だったのか」

その後、追加の話の後
試験。
持ち込み不可の論述式。
復習します。



ブログランキングに参加しています。
バナーをクリックして頂けると励みになります^^。
にほんブログ村 大学生日記ブログ 通信大学生へ

【経済学史WS】2015週末スク4日目

週末スクーリングも後半に入りました。
経済学史やはり面白いです。
経済学の流れを概観できるのがいいですね。







今日は、リカードウについて学びました。
「比較生産費説」
現在においても国際経済学のコアになっている理論です。
国際経済学SSでも勉強しました。
比較優位によって貿易の有用性を説いた論理。

リカードウの経歴で驚いたのは、彼は大学の高等教育を受けておらず
独学で勉強した金融投資家、株屋だったということです。
新婚旅行中の温泉でにアダム・スミスの国富論を読んで経済学に興味を持って勉強を始めたというのでした。

マルサスとも交友があり、たくさんの往復書簡で経済論争をしていてこれらが重要な研究資料になっているということでした。そんな彼の理論が現在でも、国際経済学のコアの理論になっているのは
驚くべきことです。

後半は、
マルサスとリカードウの対立について
(1)農業問題
(2)過剰生産恐慌は起こるのか
でした。

(1)マルサスは保護貿易だったのに対して、リカードウは自由貿易主義。貿易の利益を訴え、各国は比較優位の産業に特化すればよい。イギリスは工業に特化すべき。マルサスは農業・工業均衡的な発展すべき。これは一つの産業に特化する危険性があるため。一次産品に特化すると価格の下落に対して、衝撃の範囲が大きすぎる。リカードウの考え方はある時点では正しくても、時間の流れの中で産業を考えると正しくないと指摘している。

(2)過剰生産恐慌は起きるのかに対して、マルサスの見解は特定の商品でだけでなく、一般的な生産過剰もおこりうる。
リカードウの認識は、特定商品の過剰はあっても、一般的な過剰生産ないと対立している。
二人とも同じ事象、流行の変化によって好況不況が起こることは認めている。
しかし、二人の見解は大きく異なる。
マルサスは遠くから見て、リカードウの見方、近くによってミクロ的に分析する立場。

マルサスとリカードウの論争から学ぶこと
同じ不況でも、見方が異なる
・景気が全般的に悪い。遠くから見ると黒い。(マルサス)
・近くによれば、白いところも黒いところもある。(リカードウ)

不景気でも、全てが悪いことはない必ず人不足の産業セクタは存在している。
速やかに移動させるのが政策の役割。
現在の日本で言えば、福祉産業に、不況セクタから移れる仕組みを作るべき。
→リカードウ的な見方。
マルサスは、個別ではなく全般的な処方箋を考えるべきだという。

1936年のケインズ『一般理論 』がでるまで、
リカードウの考え方がメインストリームであった。



ブログランキングに参加しています。
バナーをクリックして頂けると励みになります^^。
にほんブログ村 大学生日記ブログ 通信大学生へ

【経済学史WS】2015週末スク3日目

週末スクーリング3日目



今日は、
マルサスに入りました。
あの有名な「人口論」
人口は幾何級数的に増加、食料は算術級数的に増加というものです。

当時の進歩的な啓蒙思想に対してマルサスは保守主義者であったというのは
意外でした。

マルサスの農業保護論
1814年の時は自由貿易、保護貿易の両論併記だったのが
1815年フランスの政策によって保護貿易すべきという結論に。

マルサスはバランス的、戦略的で、他の人の行動を見て立場を決めるタイプだったようです。


  

ブログランキングに参加しています。
バナーをクリックして頂けると励みになります^^。
にほんブログ村 大学生日記ブログ 通信大学生へ

プロフィール

miyo

Author:miyo
慶應義塾大学法学部卒業

次は経済学部へ挑戦します。
69期生

Je suis ingénieur.

趣味はランニング
フルマラソン自己ベスト
3時間18分53秒

Jogging
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
単位修得状況
分類 必要 取得 残り 進捗率
総合科目 48 48 0 100%
専門科目 68 68 0 100%
・必修科目 17 17 0 100%
・選択科目 51 51 0 100%
・テキスト科目 40 44 0 100%
・スクーリング 15 24 0 100%
卒業論文 8 0 8 0%
総履修単位 124 116 8 94%
検索フォーム
リンク
ランキング
PV
Amazon
RSSリンクの表示
QRコード
QR