【経済原論】ギッフェン財と粗補完財 過去の記事を訂正します。

過去の記事に対してコメントをいただき
第1財がギッフェン財の場合は第2財は粗補完財ではないか?
というご質問を受け

もう一度、教科書を見直しました。
経済原論 教科書P.74
「第1財の価格低落が第2財の需要量を減らす場合→粗代替財」
「第1財の価格低落が第2財の需要量を増やす場合→粗補完財」

比較するのは第1財の[価格]と第2財の[需要量]

勘違いしていたところ
ギッフェン財の場合
第1財の価格低落により、第1財の[需要量]は、全部効果(代替効果+所得効果)がマイナス
第2財は上級財であるので、交差全部効果(交差代替効果+所得効果)はプラス
第1財の[需要量]と第2財の[需要量]を増減を比較して、符号が反対なので粗代替財としていました。

しかし、第1財の[価格]低落により、第2財の[需要量]はプラスとなっているので
定義からすると、これは「粗補完財」ですね。

つまり第1財がギッフェン財の場合、第2財は粗補完財である。
が正しいことになります。

第1財が上級財や普通の下級財の場合は全部効果はプラスになるので
勘違いに気づきませんでした。

ご指摘ありがとうございました。
訂正いたします。



表 粗代替財と粗補完財の例



図3.3 粗補完財の例



ブログランキングに参加しています。
バナーをクリックして頂けると励みになります^^。
にほんブログ村 大学生日記ブログ 通信大学生へ

コメントの投稿

非公開コメント

お仕事に学業にお忙しい中、再度ご説明いただきありがとうございます。
miyoさんのおかげで私もすっきりすることができました。これからも応援しています。

Re: タイトルなし

ぽんたさん

こちらこそありがとうございました。
間違いを指摘していただき感謝していますm(__)m
自分もすっきりしました^^

> お仕事に学業にお忙しい中、再度ご説明いただきありがとうございます。
> miyoさんのおかげで私もすっきりすることができました。これからも応援しています。

No title

先ほどの、ご回答記事、ありがとうございます。

私としては、定義の捉え方そのものに議論の余地があるのではないかと考え、さきほどの投稿をしています。(様々な分野で、本やWikipediaは間違ったことを言っていることがあるので。。。)

個人的な意見としては、前回投稿のX1財がギッフェン財、X2財が上級財で粗代替財という考え方派です。

需要が片方が下がって、片方が上がっているのに、補完財。付け合せ的に消費量が連動するから"補完"財ではないのでしょうか。
この発想が、文献そのものが間違っているのではないかと考えた理由です。

「A財の"価格"とB財の"需要量"の変化を比較するもの」という定義は、「A財の価格が下がれば"当然に考えれば"需要が上がる」という前提をおいてしまったために導かれた説明ではないかとは考えられないでしょうか。

もし複数、近しい文献をお持ちでしたら、比較検討していただければ幸いです。

Re: No title

いしいさん

コメントありがとうございます。

> 先ほどの、ご回答記事、ありがとうございます。
>
> 私としては、定義の捉え方そのものに議論の余地があるのではないかと考え、さきほどの投稿をしています。(様々な分野で、本やWikipediaは間違ったことを言っていることがあるので。。。)
>
> 個人的な意見としては、前回投稿のX1財がギッフェン財、X2財が上級財で粗代替財という考え方派です。
>
> 需要が片方が下がって、片方が上がっているのに、補完財。付け合せ的に消費量が連動するから"補完"財ではないのでしょうか。
> この発想が、文献そのものが間違っているのではないかと考えた理由です。
>
> 「A財の"価格"とB財の"需要量"の変化を比較するもの」という定義は、「A財の価格が下がれば"当然に考えれば"需要が上がる」という前提をおいてしまったために導かれた説明ではないかとは考えられないでしょうか。
>
> もし複数、近しい文献をお持ちでしたら、比較検討していただければ幸いです。

手持ちの文献、『ゼミナール経済学入門第4版』福岡正夫著では
第1財の価格の下落が総効果において第2財の需要量を減少させる場合を粗代替財、増加させる場合を粗補完財
と定義していました。

需要の交差弾力性の符号で判断しています。


たしかに「代替」とか「補完」の言葉から判断すると
確かに第1財と第2財の需要量を比較した方が
感覚的には、近いような気もしますね。


No title

キノシタです

いつも丁寧なご説明ありがとうございます!
社会学系や文系の人間には
経済原論は、
慣れるために時間が必要だなと感じますよね~?

Re: No title

こんにちは

ギッフェン財を考えるとややこしくなりますね。

> キノシタです
>
> いつも丁寧なご説明ありがとうございます!
> 社会学系や文系の人間には
> 経済原論は、
> 慣れるために時間が必要だなと感じますよね~?
プロフィール

miyo

Author:miyo
慶應義塾大学法学部卒業

経済学部に挑戦しています。
69期春。

卒業試験も終了
結果待ち。


Je suis ingénieur.

◆趣味
ランニング
フルマラソン自己ベスト
3時間18分53秒

◆資格
技術士(電気電子部門)
第1級陸上無線技術士
電気通信主任技術者(伝送交換・線路)
情報処理技術者(ネットワークスペシャリスト・情報セキュリティスペシャリスト)
MCPCモバイルシステム技術検定試験1級
CCNP、CCDP
宅地建物取引主任者
実用英語検定準1級
TOEIC855点
実用フランス語検定2級
第1級アマチュア無線技士

Jogging
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
単位修得状況
分類 必要 取得 残り 進捗率
総合科目 48 50 0 100%
専門科目 68 72 0 100%
・必修科目 17 17 0 100%
・選択科目 51 55 0 100%
・テキスト科目 40 46 0 100%
・スクーリング 15 27 0 100%
卒業論文 8 0 8 0%
総履修単位 124 122 8 96%
検索フォーム
リンク
ランキング
PV
Amazon
RSSリンクの表示
QRコード
QR